大阪市立中央授産場

背景を  ルビを つける はずす  画面の拡大方法

最新情報

利用者が自立した日常生活又は社会生活を営むことができるよう、就労の機会を提供するとともに、生産活動その他の活動の機会を通じて、その知識及び能力の向上のために必要な職業指導を行います。また、「その人らしく豊かで自立した生活」が過せるように支援します。

沿革

昭和14年 4月 一般授産施設として創設
昭和44年 4月 身体障害者授産施設(入所・定員30名)を併設
昭和50年 9月 市費単独事業として知的障害者授産部門(通所)を併設
昭和53年 6月 知的障害者通所授産施設(定員30名)を併設
昭和59年 4月 身体障害者通所授産施設(定員20名)知的障害者通所授産施設(定員40名)となる。
平成15年 4月 特定身体及び特定知的障害者授産施設として支援費対象施設の指定を受ける。
平成18年 10月 障害者自立支援法による旧法施設支援(通所)の指定を受ける。
平成20年 4月 指定管理制度により社会福祉法人大阪市障害者福祉・スポーツ協会へ業務委託開
平成21年 4月 障害者自立支援法による新体系へ移行。
   
施設種別 ・指定就労移行支援 定員30名
  ・指定就労継続B型 定員30名
  事業者番号:大阪府指定 第2711700316号
施設概要 (1)建物 鉄筋コンクリート造2階建(一部プレハブ構造)4棟/鉄筋コンクリート造平屋建 1棟
(2)建築面積        914.42u
(3)延床面積     1,752.06u
(4)敷地面積     2,243.60u
利用期間 ・指定就労移行支援     1年(但し、1回のみ更新可能)
・指定就労継続支援 B型 1年(但し、1年更新)
毎月の予定 ◎土曜日・日曜日・国民の祝日は休みです。(12月29日〜1月3日は休みです。)
◎10日に工賃が支給されます。(10日が休場日の場合は変更します。)
◎月1回、午後から文化・スポーツ活動を行います。
◎周辺地域との交流や、ごみの無い街づくりを目指し、地域清掃を行います。
◎利用者の代表が行事委員となり、授産場の生活や行事をより良いものにするため職員とともに定期的に行事委員会や求職委員会を行います。

会員情報

ログイン
所在地
問合せ先

 

自立支援

 

Copy Right 大阪市立中央授産場 Since 2015